Home > > デザインコンペ2009

デザインコンペ2009

私が夏前から企画し、先日締め切りを迎えた「西粟倉の杉・桧を使ったデザインコンペ2009」のお話。

こちら(坂根工舎BLOG)でも書かせてもらってますが、こちら(関野個人BLOG)ではもう少し突っ込んだお話を。

西粟倉の木材資源を活用することをテーマに集まった人々。
ほぼ全員がIターン者で構成された「西粟倉・森の学校」という組織。

自然に恵まれたここ西粟倉村を村外にPRし、興味を持っていただき訪れていただきたい。
そして山に育つ杉・桧を、なんとか資源として現代に成り立たせたい。

とはいえ、先人も手をこまねいて現状があるわけではなく、やはり努力や尽力をした結果の今、なんですよね。
我々Iターン者の模索の日々は今日も続いています。

西粟倉デザコンは、多数のご応募をいただき活気ある審査を行えそうでほっと一安心しています。

が、ここで終わりじゃないんですね。
むしろここからなんです。

審査を終え、製品化できる作品を生み出すまでには、アイデアをくださった方と木工職人との密なすりあわせが必要です。
売り方・販路も、もちろん大切。ですが、目前には「製品として成立させることができるかどうか?」の詰めの作業が待っています。

坂根工舎の関野・大島も、モノづくりをする職人の観点から、今後もプロジェクトに関わって行きたいと考えています。
まずは、控えている大きな壁「製品化」を可能にするための試作品づくりから。

また、西粟倉・森の学校スタッフの皆さんへの希望と期待することがあります。
数百点にも及ぶ作品アイデアを送ってくださった、たくさんの応募者に誠実に向かってほしい。
大切なアイデアを預けていただけるかどうかは、これから誠実なお付き合いを重ねていけるかどうか?にかかっています。
「人脈」や「経験」を積み上げることが出来るかどうか?もそこにかかっています。

1日現在、西粟倉・森の学校では本審査に先んじて行う予定の「村民投票」にむけ、応募作品のチェックを行っている最中です。

応募してくださった方は、15日の結果発表を楽しみに♪

関野絡繰堂 公式HP/http://sdratm.jimdo.com/
展覧会+ワークショップ情報/http://sdr.blog.shinobi.jp/Entry/98/
関野絡繰堂Yahoo!店/ http://store.shopping.yahoo.co.jp/skd/
関野絡繰堂BASE店/ http://sdr.base.ec/
関野絡繰堂minne店/ https://minne.com/sdr
関野絡繰堂iichi店/ https://www.iichi.com/shop/T7796647
関野絡繰堂Amazon店/ http://www.amazon.co.jp/(関野絡繰堂で検索)
関野絡繰堂Pinkoi店/ https://jp.pinkoi.com/store/sekino
常設展示・取り扱い店情報/http://sdr.blog.shinobi.jp/Entry/355/

カラクリ 絡繰 オートマタ AUTOMATA 組木 ペットの振り子時計

ブログ内検索

メールフォーム

Pinkoi