Home > > 落下トラブル→解決!見事な龍だことよ♪

落下トラブル→解決!見事な龍だことよ♪



19日から始まる「総社芸術祭」井山宝福寺にて開催される『屋外美術展』について。

15日に搬入・設置を終了していたのですが、16日に吹き荒れた強風のため「龍が台座から落ちてあちこち破損している、首も折れてしまった!」と夕方に緊急の電話連絡を受けた。
既にお寺は閉まっている時間でしたので、翌17日の午前中に急遽、様子を見ることに。

現場を見れていないということは大変な不安を生むものです。
状況を見て修復出来ないくらい粉砕されていたら、最悪の場合は引いてしまうしかないな・・・と覚悟していた。

《結果》あっさり直りましたァン♪ むしろ首周りに強度的な不安をずっと感じていたので、補強する良い機会となりました。そして同じ程度の強風では落ちないように紐で要所を縛り、動かないようにもしておくなど展示方法の経験値アップも出来ました。

・・・
宝福寺の天井画の龍には謂れがあります。(副住職から教えて頂いたお話)

その昔、初代住職があまりに活き活きと龍を描いたので絵に魂が入り、夜更けに天井を抜け出し、すぐ下の蓮の形をしたお堀まで水を飲みに行っていたんだそうです。
それを目撃した村人が怖がったため、目に釘を打ち天井画の中から動かないようにした・・・との言い伝えがあるんだそうです。
・・・

ウチの子龍も「テンションが上がって暴れたため括りつけた!」っていう伝説誕生で、ひとつよろしくです!笑

余談ですが、今回のことは、そもそも動く巨大オブジェなので展示会場で「落下」すること想定して作っていた事が功を奏しました。
テーマは「落ちて人や何かにぶつかっても、相手が怪我や破損をせず、こちらが負ける素材であること。」これを条件として発砲スチロールを選択していた安全対策が活きた一件でした。

というのも今回は、本堂のど真ん中という異例の寛大な受け入れ態勢で置かせて頂いた展示だったので、転倒時にもしも大切な道具類に破損があったら・・・と最悪の状況が脳裏によぎり冷や汗が吹き出ました。歴史在る禅寺にて数百年の年月を積上げられた仏具に破損があったらと考えると・・・自分の作品の心配どころじゃあなかったです。

本日、現場にて副住職に伺い確認したところ、護摩木を多少散らしはしたが、お知らせの入ったプラスチックの額縁にも傷をつけず、そちらに刺さった状態で止まって居たんだとか。他は周囲にあたった形跡も無かったとの事でした。

さらに関野は17日夜 東京に向かうので、このタイミングじゃないと状況を見ることはおろか、補修・補強も完全に無理でした。
・・・これらのことを総合的に考えると、非常に優秀な子龍だと再認識。会期前・俺が居なくなる前によくぞ落ちてくれた!しかもお寺の大切な道具類に一点の傷もつけなかったこと、非常にナイスな落ち!!100点満点です。

この補修がキッカケで、搬入に来られていた憧れの木工家:榎本さんとも入れ替わりにお会いできて握手なんかしてもらったりして♪
災い転じて新たな伝説も出来ましたし♪ ・・・今回は甘めに200点差し上げよう。笑
※周囲が無事で本当~~~~に!ほっとしました。


ピッタリの格言「負けるが勝ち」





関野意匠室+絡繰堂HP/http://sdratm.jimdo.com/

展覧会+ワークショップ情報/http://sdr.blog.shinobi.jp/Entry/98/

常設展示・取り扱い店情報/http://sdr.blog.shinobi.jp/Entry/355/

関野絡繰堂NETSHOP/http://sekino.cart.fc2.com/




関野絡繰堂 公式HP/http://sdratm.jimdo.com/
展覧会+ワークショップ情報/http://sdr.blog.shinobi.jp/Entry/98/
関野絡繰堂Yahoo!店/ http://store.shopping.yahoo.co.jp/skd/
関野絡繰堂BASE店/ http://sdr.base.ec/
関野絡繰堂minne店/ https://minne.com/sdr
関野絡繰堂iichi店/ https://www.iichi.com/shop/T7796647
関野絡繰堂Amazon店/ http://www.amazon.co.jp/(関野絡繰堂で検索)
関野絡繰堂Pinkoi店/ https://jp.pinkoi.com/store/sekino
常設展示・取り扱い店情報/http://sdr.blog.shinobi.jp/Entry/355/

カラクリ 絡繰 オートマタ AUTOMATA 組木 ペットの振り子時計

ブログ内検索

メールフォーム

Pinkoi