Home > > 刀野薙-ヱヴァンゲリヲンと日本刀展@松江

刀野薙-ヱヴァンゲリヲンと日本刀展@松江

最新の巡回展情報は公式リンクでご確認ください。
「エヴァンゲリヲンと日本刀展」公式HP
http://www.webtsc.com/event/evangelion/


2014年11月21日~2015年1月18日 松江歴史館で開催

ヱヴァンゲリヲンと日本刀展

木質部分の図面と制作を手がけさせて頂いた【刀野薙】。
初お披露目の展示会ということで本日2014年11月22日、
松江歴史館に見に行ってきました。
展覧会詳細http://sdr.blog.shinobi.jp/Entry/499/



木質部の完成が夏ごろだったので、約3ヶ月ぶりの再会です。
製作過程では模造刀しか拝見しておらず、本身刀をはじめ、
漆・柄巻が施された実物の姿を見るのは初めてでした。


※私と刀野薙。薙刀の拵え全長は168.4cm

総勢20名超えの職方さんが関わった本作ですが、
全員が一堂に会する事は無く、それぞれの職方さんが
自分のテリトリーにおいて技術と知恵を注ぎ、
この一作に凝縮されています。


※金属部に施されたサインもデザインさせて頂きました。


私自身は、山下いくと氏の美しいデザイン画を忠実に再現したい、
その一心で半年以上の期間、土台部分に関わってきました。
作り手の自分が見慣れたはずのそのフォルムですが、
薙刀を支える姿は職方さんの技術と熱意をまとい、
私の想像を超えた完成をみています。・・・感無量です。
この仕事に関われたことを心から感謝しています。



台座と刀身を支える透明アクリルの什器。
こちらの造形も素晴らしかった!
お客様に安全にご覧いただくため、
必要不可欠な最善策であると考え、
私からご提案させて頂いたものでしたが、
刀野薙の造形に沿ったデザインのこだわりがあり感激しました。

図録も刀野薙を初め、これまでに少しずつ増えてきた作品を網羅した
改訂版が出版されております。
ぜひ、ご覧くださいませ。




関野絡繰堂 公式HP/http://sdratm.jimdo.com/
展覧会+ワークショップ情報/http://sdr.blog.shinobi.jp/Entry/98/
関野絡繰堂Yahoo!店/ http://store.shopping.yahoo.co.jp/skd/
関野絡繰堂BASE店/ http://sdr.base.ec/
関野絡繰堂minne店/ https://minne.com/sdr
関野絡繰堂iichi店/ https://www.iichi.com/shop/T7796647
関野絡繰堂Amazon店/ http://www.amazon.co.jp/(関野絡繰堂で検索)
関野絡繰堂Pinkoi店/ https://jp.pinkoi.com/store/sekino
常設展示・取り扱い店情報/http://sdr.blog.shinobi.jp/Entry/355/

カラクリ 絡繰 オートマタ AUTOMATA 組木 ペットの振り子時計

ブログ内検索

メールフォーム

Pinkoi