Home > > ダルガプロジェクトのお話

ダルガプロジェクトのお話

7月、西粟倉に集ったIターン者でのグループ展を行います。

1007DM宛名面 1007DM中面

ダルガプロジェクトvol.1
手の記憶 @KURA ー西粟倉の作家展ー
2010年 7月1日|木|~12日|月|
 AM10:00~PM6:00
会場:からつ鎌田屋(〒707-0041 岡山県美作市林野237)

「ダルガプロジェクト」とは?
西粟倉を代表する不思議な地名「ダルガ峰」の名を冠し、
同じく不思議な縁でこの地に集った作家たちによるモノづくりプロジェクト。

「ダルガ峰」とは?
ストーンサークルの遺跡が残っていたり、幸運に恵まれれば雲流が見られる風光明媚な峰。
地元の人々によると、山の地形が「平坦、なだらか=なるい(岡山弁)」であることから
「なるい」が変化して「ダルガ」となったという説や、山の地形が横に寝そべった「達磨(だるま)」に
似ていることから、達磨が峰・・・ダルマガ峰・・・ダルガ峰と変化していったという諸説あり。
現在は林道が通っていてドライブも可能。(冬季は積雪のため封鎖)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

― ご挨拶 ―

西粟倉村では今、
さまざまなプロジェクトが始動しています。

受け継がれてきた森を
どのように次世代に渡すのか、
村に残る技術や知恵や材を
どのように現代に活かしていくのか、
この村から未来に
どのようなバトンを渡すことができるのか。


『ものづくり』という共通項で集まった
西粟倉のIターン者6名が、
それぞれの手法で西粟倉の森を表現します。
全員に共通しているのは『手仕事』。
刻まれた木の中に、
画面を走る描線の中に、
作者のアクションや積み重なった記憶があります。
それは単なる個人のものにとどまらず、
長い時間を掛けて人の手の中で受け継がれてきた
大切な何かなのかもしれません。


歴史を重ねた蔵を利用したギャラリーで、
手を通した表現・ワークショップを行います。
『ものづくり』の楽しさを
皆様と共有することができたら幸甚です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出品者一同(50音順)

大島 正幸
(木工房ようび:家具+クラフト)
関野 智子(絵画)
関野 倫宏(関野意匠室+絡繰堂:木製玩具)
東馬場 洋(絵画)
横江 孝雄(家具+照明器具)
松島 優子(写真)



関野絡繰堂 公式HP/http://sdratm.jimdo.com/
展覧会+ワークショップ情報/http://sdr.blog.shinobi.jp/Entry/98/
関野絡繰堂Yahoo!店/ http://store.shopping.yahoo.co.jp/skd/
関野絡繰堂BASE店/ http://sdr.base.ec/
関野絡繰堂minne店/ https://minne.com/sdr
関野絡繰堂iichi店/ https://www.iichi.com/shop/T7796647
関野絡繰堂Amazon店/ http://www.amazon.co.jp/(関野絡繰堂で検索)
関野絡繰堂Pinkoi店/ https://jp.pinkoi.com/store/sekino
常設展示・取り扱い店情報/http://sdr.blog.shinobi.jp/Entry/355/

カラクリ 絡繰 オートマタ AUTOMATA 組木 ペットの振り子時計

プロフィール

ブログ内検索

メールフォーム

Pinkoi