Home > > ペットの振り子-制作話②【木工編】

ペットの振り子-制作話②【木工編】

(2017年4月編集)ペットの振り子時計はいくつかの制作工程があります。

以前ご紹介しました「ペットの振り子時計-制作話①【新規デザインが出来るまで-イラスト編】」では、写真を元に描き起こすイラストレーション制作の作業をご紹介しました。

今回は【ペットの振り子時計-木工編】の制作話をご覧いただきます。

1.デザインをユポ紙(※)印刷し、MDF板に貼ります。

  ※1.ユポ紙=水・油に強く破れにくいポリプロピレンを主原料とするフィルム法合成紙
  ※2.耐候性に優れたインクを採用

2.昇降版(※)で板をカットします。

  ※円盤型の鋸(のこぎり)が高速回転する切断機械

<動画>

3.糸鋸を使った手作業で切り出します。

  ・・・1個1個、手作業で切り出す職人仕事です。

<動画>

4.切り出し完成。


  側面をアクリル絵の具(黒)で塗り、ムーブメントを取り付けます。
  半日から1晩の動作チェックを経て正常稼働を確認後、出荷します。

関野絡繰堂 公式HP/http://sdratm.jimdo.com/
展覧会+ワークショップ情報/http://sdr.blog.shinobi.jp/Entry/98/
関野絡繰堂Yahoo!店/ http://store.shopping.yahoo.co.jp/skd/
関野絡繰堂BASE店/ http://sdr.base.ec/
関野絡繰堂minne店/ https://minne.com/sdr
関野絡繰堂iichi店/ https://www.iichi.com/shop/T7796647
関野絡繰堂Amazon店/ http://www.amazon.co.jp/(関野絡繰堂で検索)
関野絡繰堂Pinkoi店/ https://jp.pinkoi.com/store/sekino
常設展示・取り扱い店情報/http://sdr.blog.shinobi.jp/Entry/355/

カラクリ 絡繰 オートマタ AUTOMATA 組木 ペットの振り子時計

プロフィール

ブログ内検索

メールフォーム

Pinkoi